關於部落格
魔女宅急便系列點入都有翻譯唷
  • 15809

    累積人氣

  • 0

    今日人氣

    1

    追蹤人氣

涙そうそうの感想について


林欣怡

涙そうそう

 

評価:三点

 

感想:

この映画は見た前にいかに見たいといえども、見たところを失望の極みだ。まず映画のストリ―の発展について、本当に速すぎと思う。私が観衆としての感情はまだ全部入り込んだ前に、長澤まさみが出演する妹は妻夫木聡が出演するに―に―に愛してると言った。それに、風邪を引いたに―に―が突然死んだとは、私がびっくりした。風邪をばかにしないということはよく知っているけれど、この結末は私は受け入れることができない。兄と妹は今後二人の愛情をどうやって直面し、処理するのは言い及ぶ気が全然ないこととて、一人が結局死んだという結末を配置したまでだみたい。  

 

 ストリ―はちょっと問題があるけれど、ほかにいいところがあると思う。ここに映画の撮影の手法について書く。最初は兄と妹の間の感情が今昔の生活を転換でどんどん展開した。印象が一番深いのは子供頃の兄と妹は船を乗り、小島へ行くつもりだ。次のシ―ンは妹は小島から船を乗り、兄は本島に待っていた。または妹が小学校の入学式の写真を見た。次のシ―ンも入学式といえども妹の高校入学式だ。本当に面白い、撮影の手法も上手だと思う。今昔転換のシ―ンによって、兄と妹の感情は深いと感じることができる。

 

妻夫木聡と長澤まさみはただ顔が綺麗であるのみならず、演技も上手だと思う。それに「涙そうそう」という歌と鼻をしっかりつまむという動作はこの映画の代表(特徴)とするのは大成功だと思う。以後「涙そうそう」という歌を聞くと、鼻をしっかりつまむという動作を見るとすると、きっとこの映画を思い出す。この映画は「涙そうそう」という歌によって作るそうだ。これらにとって、この映画も大成功が現れる。

 

一点が撮影の手法、一点が俳優の演技と顔、また一点が映画代表の歌と動作。ですのでこの映画に三点をあけることが決めた。

 

 

相簿設定
標籤設定
相簿狀態